点在の日本語ページへようこそ

子猫

私達は年に一回のみ、ブリードを行ないます。 産まれた子猫は最低でも4ヶ月、またはそれ以上の日数を親猫の元で暮らします。生活に必要な食べること、飲むこと、人間や他のペットとの共存の仕方などを学ぶために、その期間が必要だからです。 ご質問がある場合、または子猫を飼おうとお考えの場合は、 下記のメールアドレスまでお問い合わせください :info@tenzai-ocicats.com

(英語またはオランダ語でお願いします。)

私達

私達はマーカスとマウドで、オランダのブレだというところで、オシキャットと一緒に暮らしています。2007年の夏、自分達の理想に合う猫の品種を探し始めました。当初は、現在もですが、ベンガルという猫に魅了されていましたが、詳しく調べてみると、ベンガルの性格上の特性が私達の求めているものとは相違している事に気付きました。引き続きリサーチを行なっているうちに、オシキャットという猫種を見つけました! 容姿はベンガルに似ていますが、オシキャットはより温和で、人懐こい性格を持っています。決定です。私達は早速オシキャットを探し始め、2007年の11月にインターネットで里親を募集していた、4歳半のカヤというオシキャットを家に迎え入れる事になりました。それ以来、私達のオシキャットに対する愛情は大きくなり続け、カヤの友達としてもう1匹、小さなオシキャットを探す事にしました。そして、恵子が新しい家族に加わりました。私達の猫に関する詳しい情報は下記です。

オシキャットに対する愛情は、いつしか美しいオシキャットの健康的な繁殖(健全な遺伝子プール)を維持していく事に貢献したいという強い願望になりました。そのためにオシキャットのブリードを開始しようと決心し、2017年にブリーダー登録を申請しました。私達は年に一回のみのブリードを行なっている小規模のブリーダーです。猫達は全て家庭環境の中で育ち、私たちの生活の一部です。隔離されたスペースでの飼育はしていません。私達の家は猫の家でもあるのです。猫が人間環境に順応する上での大きな助けとなります。

私たちの猫

Ocicat Riku

Riku
2021年11月11日に生まれたオシキャットの男の子です。

Ocicat Ichiko

Ichiko
2021年1月11日生まれ。

Ocicat Yuuna

優奈(Yuuna)
2016年11月22日にキャタリ。